水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

家づくりこぼれ話!

2021.9.27 (MON) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

 

なにはなくても気になる金利

 

 

住宅ローンといえば、金利。

 

 

金利と聞くだけで

たいていの人の表情が変わります。

 

 

あの小数点以下の数字の一つひとつまでも、

自分の大切なお金にかかわってきます。

 

 

必ず基礎だけでも覚えておくとよいでしょう。

 

 

金利のタイプは大きく分けて3つあります。

 

*全期間固定金利型

  契約時から完済まで、

  一定の金利で固定されるため、

  将来の見通しが立ちやすくなります。

  金利が安い時には固定型で

  契約するとお得です。

 

*変動金利型…

  市場の金利の変動に合わせて

  6カ月ごとに金利が見直され、

  5年ごとに返済額が改定となるケースが

  多いようです。

  このタイプは当然、金利が低い時期は

  有利になりますが、

  金利が高い時期は不利になるという

  リスクがあります。

 

また、急激な金利上昇が起こる可能性もありますので、

そういったときは長期固定型に借り換えることも

視野に入れておなかければいけません。

 

 

*当初固定金利型…

  契約時から一定期間(3年、5年、10年など)

  の金利が固定されます。

  その後は変動金利になるものと、

  新たに固定か変動かを

  選べるものがあります。

 

もしも固定時期が終わったときの金利が高く

そのまま変動金利になってしまうと、

毎月の返済額が増えてしまうため、注意が必要です。

 

 

自分の人生設計、また、その時々の金利を把握し、

どのタイプが最も適切か、よく考えて判断してくださいね。

 

 

どっちを選ぶ?ふたつの返済タイプ

 

 

住宅ローンの返済タイプはふたつあります。

どちらのタイプにするか難しいところですが、

自分に合ったタイプを見極めましょう。

 

 

*元利均等返済方式…

   支払い開始時期から完済まで、

   毎月の返済額が一定です。

   返済額の増加などが

   ないため安心ですが、

   開始当初の支払い額は

   ほとんど利息にあてられるため、

   元金が減るのが遅くなり結果、

   支払い総額がかさむことになります。

 

*元金均等返済方式…

   毎月一定額の元金を返済していき、

   プラス残高に対する利息も

   一緒に返済していきます。

 

毎月一定の元金を返済していくため

元金は早く減りますが、

支払い開始当初の返済額が大きくなります。

 

 

支払い開始当初の返済額に

無理がないようならば

「元金均等返済方式」

 

のほうが総額が少なくて済みますが、

 

 

無理なようならば

 

「元利均等返済方式」

 

を選び、余剰金で繰り上げ返済を

していくことも可能です。

 

 

どちらにしても、

無理のない返済計画を立てましょうね。

 

 

本日はこれまでです

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

    ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。