最長60年長期保証プログラム

家づくりに自信があるからこそ60年

法律では、住宅会社は構造躯体と防水に関して、引き渡しから10年間保証することが定められていますが、家づくりナイスホームズでは、住宅の品質に対する確かな技術と自信によって、業界でもトップクラスの初期20年保証に加え、 延長により最長で60年間という長期保証をお約束いたします。

■最長60年間の保証でお客様に安心をお届けします。

長期間の保証で、末永く安心して暮らしていただけるようサポートいたします。

■メンテナンス保証で住宅の長期的な維持管理に貢献します。

保証対象部分の有償メンテナンス工事も、修補工事が保証対象となります
※ 保証期間中または、保証延長時に必要とされる有償メンテナンス工事を弊社にて実施致します。 また、弊社以外が実施する工事は保証対象外となります。

■倒産、廃業時でも保証が継続します。

弊社が万が一、倒産、廃業してしまったときでも、第三者機関による保証が継続するだけでなく、第三者機関がアフターサービスの窓口としてお客様の相談をお受けします。

水戸で注文住宅を建てた家族

保証の対象となる部分と期間(新築の場合)

家づくりナイスホームズの保証制度
家づくりナイスホームズの保証制度
住宅構造

構造耐力上主要な部分
傾斜、ひび割れ、欠損、腐食、破断、 変形・たわみの著しいものに対して 保証します。

住宅外観

外壁
傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいものに対して保証します。

雨漏りの保証

雨水の侵入を防止する部分
屋内への雨漏り、雨漏りによる室内機材の汚損、仕上材のはがれの著しいものに対して保証します。

住宅の屋根

屋根
変形・たわみの著しいものに対して保証します。

住宅の基礎

基礎
不同沈下、ひび割れ、欠損の著しいものに対して保証します。

住宅の床


傾斜、破断、変形・たわみ、そり、隙間、 割れ、きしみの著しいものに対して保証します。

保証内容について

水戸の注文住宅

新築工事の保証

基本構造部分である構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分で新築工事の不具合があった場合、修補工事が保証対象となります。

水戸の住宅のメンテナンス

メンテナンス工事の保証

新築工事の保証対象部分での有償メンテナンス工事に不具合があった場合、修補工事が保証対象となります。
※メンテナンス工事の保証は新築時から保証を付保している場合に限り、ご利用いただけます。 

水戸の住宅の相続

売却の時、相続する時の保証

住宅の売却や相続等で所有者が変わる場合、保証契約を新しい所有者に変更することができます。
※ 保証契約の変更には第三者機関が定める手数料が必要となります。
※ 弊社の保証が新しい所有者さまに変更されない場合、第三者機関の保証契約の変更はできません。

倒産、廃業時の保証

弊社が万が一 倒産、廃業してしまったときでも、第三者機関による保証が継続します。
※ 保証期間は原則、倒産、廃業時点での保証期間満了時までとなります。 

住宅瑕疵担保保証

2009年10月に施行された住宅瑕疵担保履行法により、住宅会社はお客様の住宅を新築する際、住宅瑕疵保険付きで新築する義務があります。

この際の大きなポイントは、しっかりした保証会社と提携しているかが、大切です。

保険料を値切って、保証力の無い、保険会社と提携する住宅会社が最近増えてきました。又、いい加減な保証内容と簡単な検査で済んでしまう怪しい保証会社もありますから、このページをご覧になったあなたは、もう安心です。

日本最大の保証能力がある、日本住宅保証検査機構(JIO)と提携し、安心した家づくりのお手伝いができるか否かが最重要ポイントだと考えます。

保険金額2000万円
保険期間10年
保険機関株式会社日本住宅保証検査機構

法律によって加入が義務付けられている、構造躯体と防水に関する保険です。万が一住宅会社と訴訟になった場合も住宅紛争処理支援センターに依頼ができます。

そもそも瑕疵が起こらないことが重要

いくら保証があるとはいえ、万が一のことが起こってしまってはお施主様に大変なご迷惑をかけてしまいます。家づくりナイスホームズでは保証に頼ることなく、建築の段階で瑕疵(問題)が起こらないように検査を重ねています。

1地盤調査

瑕疵を防ぐには、まず足元をしっかり安定させることが大切です。

建築予定地の地質・地盤に合わせ基礎の仕様を提案するために、最初にすべての現場の地盤調査を実施します。

建築後に不同沈下などの重大瑕疵が発生しないような基礎仕様を「基礎仕様計画書」として報告・提案します。

地盤専門の機関にて進めます。

地盤調査

2配筋検査

物をしっかり支える為に必要な足元の基礎。

それほど大事なものにも関わらず施工精度・品質にバラつきが出やすく均質な施工が難しいのが実態です。

コンクリートで固めると見えなくなってしまう鉄筋の太さや配置が図面通りに組まれているのか?セメントを流し込む前にJIOの検査員がきちんとチェックします。

配筋検査

3構造検査

一連の検査の中でも特に重要な、主要構造体の検査は「主任検査員」というJIO専属の一級建築士が厳しい目でチェックします。

家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか?横揺れを防ぐ筋交いは図面通りに配置され適正に取り付けられているか?

木材の水分は25%以下になっているか?など一般の方が見極めることの出来ない細かな部分までしっかり検査します。

構造検査