笠間市での一戸建て建築のご相談は家づくりナイスホームズ

平家をご希望の方へ

平屋をご希望の方へ

平屋が今人気です。

茨城県の場合は水戸やひたちなかの繁華街の土地の高いところを除いて平屋を建てることに興味があるお客様が増える傾向があります。

その理由の一つは、お客様の家に対する基準が変わってきたという要素があげられます。それは、以前ほど部屋数が多くて広い家を希望されなくなってきたということあります。以前は、とにかく使わなくても客間が一つ必要だとか、仏壇の部屋がというご希望があったのですが、最近のお客様はつかわない部屋を作るのをもったいないとおっしゃる方が増えてきました。

それと子供部屋ですが、以前は一人に一部屋だったのが、お子様の数が減ったのが一番大きいと思います。また、これは親御さんにもよるのですが、最近の傾向はどうせ勉強もリビングでするのだからと、少し小さい部屋でも良いとおっしゃる方が増えてきています。もちろん以前のように、しっかりとした子供部屋を希望される方もいらっしゃいます。

その他の理由は、40代~60代ぐらいの方の建てかえで、その場合はお子様はもう独立しているので帰ってきたときにちょっと泊まれる部屋があれば良いということで、平屋に建て替えられる方がいらっしゃいます。

平屋が今人気です

平屋のメリット、デメリット

メリット

では、平屋のメリットとデメリットをみていきましょう。
まずは、メリットですが、これは平面の移動になりますので、階段の上り下りがなくて足腰には圧倒的に負担が少ないですね。2階にベランダを作って洗濯を2階で洗濯物を干すという行為は結構重労働ですので、奥様が少しご高齢になってくると、洗濯が一仕事になって結局部屋干しとか、屋外に物干しを新たに作るということも必要になってきます。

また、万が一車いすになっても平屋であれば全ての部屋に行くことが可能ですので、介護用ベッドを置く場所で迷うことが少ないと思います。

2階がないので、お子様が騒いで下がうるさいとか、2階の足音がという事もありません。
また、大きな面積が必要な階段を作らなくて良いので間取りが自由になります。勝手口をきちんと考えると、駐車場からの人の移動に関しても入口の自由度が上がりますね。階段は意外にコストもかかかりますからね。

屋根が広く取れるので、当社がお勧めしている太陽光パネルは沢山載せることができます。買い取り価格が安くなってきましたが、パネルの価格も安くなってきていますので、まだまだ太陽光パネルには魅力があります。ですので、太陽光パネルを沢山載せたいという方も平屋はお勧めです。
デザイン的にも有利です。ちょっとオシャレな外観にしたいという場合などは、平屋の方が自由度が高いと思います。

平屋のメリット1:上り下りがなく足腰の負担が少ない
平屋のメリット2:介護向きの間取り
平屋のメリット3:2階での騒音がない
平屋のメリット4:階段がないので間取りが自由
平屋のメリット5:太陽光パネルを多く設置できる

デメリット

でいい事ずくめのようですが、デメリットもあります。
やはり部屋数を多くしたいという場合は、2階建ての方が安く上がります。ご家族がご夫婦だけとか、お子様が1人、あるいは、ご両親のどちらかが1人で精々4人ぐらいまでは平屋で良いのですが、5人を超えてくると2階建ての方がお勧めです。もちろん、広い家を建てることができる大きな土地があれば平屋でも問題ありません。

つまり、コスト的には平屋が若干不利になるということです。これは、トレードオフなのですが、平屋だと階段が必要なくなります。その分安くできるのですが、その代わり屋根が広くなってしまいます。屋根を値段の比較的高い瓦でとご希望なさる場合は平屋の方が高くなる場合もあります。また、2階にトイレが必要な場合は、トイレの面積が増えるのと、便器などの分が少しだけコストアップになります。もっとも平屋でもトイレが2カ所作る必要があればこれは同じです。また、一階部分には防犯上シャッターをつけたいとお考えの場合はシャッターの数が思いの外多くなってしまいます。

後は少し技術的な話になりますが、表面積がどうしても大きくなってしまいますので、断熱性能で考えると少しだけ不利になります。現在の断熱の考え方は、窓と外壁、屋根などのそれぞれの断熱性能の平均値が建物の断熱性能ということになっています。ですので、総2階といって、一階部分に屋根(下屋といいます)がない建物が断熱的には一番安定しています。
高い吹き抜けが欲しいという場合も、平屋だと高さが充分に取れない場合があります。もちろん、屋根の形状や吹き抜けの場所を工夫すれば、高い天井を演出することは可能ですのでご相談ください。

最後に、人数が多いご家庭で平屋を選ぶと、気配を感じにくいというデメリットはあるかもしれません。お子さんが部屋で起きているのか寝ているのか、少しご高齢のご両親がどうされているのかなど遠くの部屋の気配はなかなか感じられないものです。逆に静かでいいと考えるか、気配が感じられないと不安だと思われるかは、お客様次第です。

また、密集地で建てる場合には、周りの2階建ての建物から見下ろされる事にもなりますので、それがイヤな場合は、2階建ての方が無難です。

平屋のデメリット1:部屋数は少なくなる
平屋のデメリット2:瓦屋根だと高コスト
平屋のデメリット3:断熱性能が下がる
平屋のデメリット4:人の気配を感じにくい

平屋を建てる場合の注意点

プランは慎重に

メリット、デメリットを考えたので平屋を建てる場合の注意点を少しお伝えしておきます。
まずは広い土地が必要になります。ですから、まず土地からではなく、平屋を希望されるときは予算を確認して、仮のプランを作ってその上で土地探しをした方が良いと思います。

前述しましたが、少し田舎で周りに高い建物がないという場合は問題がありませんが、周りが住宅地などの場合は、周りの2階建ての2階から見下ろされる形になりイヤだという方もいらっしゃいましたので土地選びは慎重にしてください。

また、駐車場のプランなども慎重に行う必要があります。平屋ありきではなく、駐車場や庭などの全体のプラン、余裕などをしっかり考えて、提案させていただいていますので、平屋の場合は特に住宅屋を先に決めることをお勧めいたします。

いかがだったでしょうか。平屋を検討されるときの参考にしていただければと思います。

進め方のおさらいですが、平屋をお考えの場合は、まずお金の問題をクリアにして、次に家に関してのご希望を全て伺った上で仮のプラン作成を行います。これには駐車場や庭などの要素も全て考えてプランをした上で、土地探しの順番です。

仮のプランは後でいくらでも変更ができますので、必ずこの順番で計画してくれる住宅会社を選んでください。もちろん当社でも喜んで相談に乗りますので、平屋で迷ったり、なにか困った場合は、既に住宅会社をある程度決めている場合でも、下記のお問合せフォームにご記入ください。ただし、建築を進めている場合などの設計変更は当社ではできない場合もありますので、ご了承くださいね。

また、平屋を建てるのに適した土地の情報なども沢山あります。土地情報をご希望の方もお問い合わせください。

プランは慎重に