水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

家づくりこぼれ話!

2021.9.25 (SAT) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

 

必要と不必要は表裏一体

 

 

間取りや仕様について打ち合わせをしていて、

 

 

「本当に必要?」

 

 

なんて思う設備が多々あります。

 

 

もちろん、

つくる人自身の希望がかなえられるのが一番ですが、

物事には必ずメリット・デメリットがあります。

 

 

どちらも考慮したうえで判断しましょう。

 

 

:天窓…家の中に少しでも光を多く取り入れたい気持ちはわかりますが、

     雨や風が強い日はかなり気になるものです。

     掃除はどうするのかも気になります。

 

 

:DEN…なんとなくかっこいいから、なんて理由だけでつくっても、

   使わなければただの物置です。

 

 

:ロフト…なぜかあこがれる人が多いのですが

    折りたたみ式のはしご上がるつくりの場合は、

   荷物の上げ下げが面倒で結局入れっぱなしになってしまいます。

 

   どうせ作るなら

   2階に上がるような普通の階段にするとよいでしょう。

   ストレスもなくなり頻繁に上がることができますね。

 

 

:床下収納庫…構造上、出し入れが結構大変です。

    若くて健康な人でも出し入れの時に腰を痛めることもありますし、

    お年寄りや妊婦さんには負担が重すぎますよね。

 

 

いかがですか?

少しのことしか挙げてませんが

これらの中でも、

もちろん、ご家庭によっては必要なものもあります。

 

 

要は、単なるあこがれだけでなく

実用性を十分考えて取り入れることが大切です。

 

 

すべてに費用がかかることもお忘れなく。

 

 

嘘も方便

 

 

住宅展示場へ行ったことがある人、

アンケートの記入はされましたか?

 

 

展示場では、必ずアンケート記入を求められます。

 

 

名前・住所・電話番号ともに記入するので、

後で必ずお礼の電話がかかってきます。

 

 

「うちは電話は必要ありませんから」

 

 

といっても、かけてきます。

 

 

「来ないでくださいね」

 

 

といっても、必ず営業マンがやってきます。

 

 

もちろん、

営業されたい人にとっては大助かりですが、

避けたい人にとっては大迷惑です。

 

営業マンの訪問を避けるには、

どうしたらよいでしょうか?

 

 

その秘訣は、

 

 

アンケートに記入の際、

 

 

「建てる時期:5年以上先」

 

 

と書くことですね。

 

 

これで間違いなく後回しになりますね。

 

 

住宅会社はどうしても、

急いでいる(6カ月~1年以内)人を

優先的に訪問しますので、

 

 

5年以上先ともなれば、

まずは安泰でしょうね。

 

 

さらに、

 

 

「親戚に大工がいるので任せます。

展示場はただの参考です」

 

 

と付け加えておけば、まず営業されないでしょう。

 

 

または、正直に

 

 

「今はまだ検討段階です。

当分建てることはありません」

 

 

というのも手です。

 

 

展示場に行く前にまず、

各メーカーで配布している小冊子などを見て

研究してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

展示場は見るポイントを決めて

上手に活用してください。

 

 

本日はこれまでです

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

             ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。