水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

建築条件付き土地って?!

2021.8.25 (WED) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

土地を探しているときに、

 

「建築条件付き」

 

 

という文字を広告や看板などに

書かれていることをよく目にしませんか?

 

 

建築条件付きとは、

その土地を買うためには、

 

 

「家を建てる施工業者の選任を

   土地の販売会社に一任しなければいけない」

 

 

という条件がある土地のことです。

 

 

いわゆる家を建てる会社が

決まっていますよということです。

 

 

「土地も建築会社も

     決まっちゃうなら楽だよね。」

 

「建売とは違って

     これから建てるんだし安心だし」

 

 

と思われるでしょうが、

 

 

売り建てと呼ばれる

建築条件付き土地には

 

 

さまざまな

メリット・デメリットがありますので、

購入を決めるには細心の注意が必要です。

 

 

そもそも、建売住宅売り建て住宅

それぞれの特徴は何なんでしょう?

 

 

建て売りは、

みなさんご存じのとおり完成物件、

 

 

すでに出来上がっていて

すぐに住める状況の住宅を購入するため、

購入前に実物をよく見て確認して

実感することができます。

 

 

そこでの暮らすイメージがわきやすいため、

新生活に向けての具体的な計画を

立てることができます。

 

 

洋服を試着して買うのと同じですね。

 

 

間取りなどに

それほど独自性を求めないのであれば、

手軽に新築物件を

手に入れることができるという

簡易さも魅力でしょう。

 

 

反面、

施工中を見て確認していないため、

 

 

どういうつくられ方をしたのか、

 

 

欠陥住宅ではないかなど

 

 

という不安がつきまとう

ということも考えられます。

 

 

念のため、

購入の際は専門家に見てもらい

確認して検査してもらうことを

おすすめします。

 

 

一方、売り建ては、

建て売りと違い契約後の施工となるため、

設計に対する希望が反映できることと、

 

 

誰がどうやってつくったのか

わからない建て売りとは逆に、

建築の過程を見て確認することができます。

 

 

ただし、希望が反映できるといっても、

あらかじめ施工業者が決まっているため、

 

 

部材や工法などは

その施工業者が扱っている

ものの中からしか選べないなどの、

不自由な点もあります。

 

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

    ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です