水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

買っていい土地?悪い土地?! 地盤も怖い

2021.8.24 (TUE) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

 

地盤のトラブル

 

 

以前にも話しましたが、

地盤は土地選びの際、

大きな要となります。

 

 

地盤調査をした結果、

地盤改良をすれば問題なし。

 

 

との結果が出たため

高額な費用を出して

地盤改良の工事をして

家を建てたとします。

 

 

しかし、

地盤改良には限界があります。

 

 

もちろん、

改良強化工事により家屋倒壊などの

最悪の事態は防げるでしょうが、

 

 

その地域一帯の地盤までは

どうすることもできません。

 

 

地域全体がわずかにでも振動していれば、

 

 

年月とともに

外壁にヒビが入るなど

ということが考えられます。

 

 

「調査までしたのにダメなんじゃあ、

      打つ手がないじゃないか」

 

 

と思うのも仕方ありませんが、

 

 

こうした土地を

選ばないためにも策はあります。

 

 

それは、

近隣の人たちに話を

聞いてみることです。

 

 

昔はどういう土地だったのか、

 

 

住んでいてトラブルはないかなど、

 

 

思い切って聞いてみましょう。

 

 

また、

近隣をよく歩いて

観察してみることも重要です。

 

 

電柱が曲がってないか、

 

 

前面道路のアスファルトに

亀裂が入ってないかなど、

 

 

ちょっとしたことからも

地盤についての情報を

得ることができます。

 

 

もうひとつのおすすめは、

 

 

地元の工務店に

話を聞いてみることです。

 

 

地域密着の工務店ならば、

周辺の土地情報には

一番精通していますし、

 

 

実際に

どの家にヒビが入ったなどの

トラブルについても

知っているはずです。

 

 

遠慮せずに

どんどん聞いてみましょう。

 

 

こういったトラブルに

見舞われないために、

 

 

土地に関する情報は

人から聞いたままうのみにせず、

 

 

必ず自分の足で確かめてください。

 

 

土地の下見をするときは、

車の窓から見るだけにとどめず、

 

 

必ずその土地の真ん中に立ち、

四方を眺め、

 

 

次は道路側に立ち、

土地全体を眺めてください。

 

 

どこにどういう部屋をつくるか、

窓はどのあたりにとるかなど、

イメージを膨らませながらです。

 

 

そして、

候補になった土地に関しては、

下見は最初、不動産業者と一緒でも、

 

 

次からは自分で

何度も足を運んでください。

 

 

天気のいいドライブがてらではなく、

雨の日に行くことで

地盤の水はけが分かります。

 

 

また、

平日と土日を比較することで

 

 

実際の交通量や

近隣に大きな工場などがある場合の

騒音、異臭がないかなどを

確かめることができます。

 

 

朝、昼、晩の様子も必ず確認してください。

 

 

近所に大きな娯楽施設などがある場合、

朝は静かな環境でも、

夜になると人も車もつめかけて、

騒音だらけ、ということもあります。

 

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

     ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。