水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

住宅展示場の歩き方-1

2021.7.22 (THU) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

前回までで

見学会に行くことでお金をかけなくても、

たくさんの知恵を出せば

いい家はできることがお分かりかと思います。

 

見学会のお話をしましたが、

では住宅展示場はどうでしょうか?

 

家づくりを考えたことがある人なら

一度や二度は足を運んだことがあるでしょう。

 

立派な玄関、オシャレな応接セットが

置かれた広いリビング、豪華設備の水回り……、

モデルハウスの周囲にはよく手入れされた

ガーデニングまで広がっています。

 

「素晴らしい家だ。こんなところに住めたらいいなあ~。

でも、この家もいいけど、さっきのところもよかったな。

見る家はまだたくさんあるから、

もっといいのがあるかもしれないな。楽しいな~」

 

展示場に来ている方はみなさん、

こんな風に思って見学しているのではないでしょうか。

遊園地にでも来ているかのようにワクワクするし、

夢はどんどん広がります。

 

しかし、ちょっと待ってください。

冷静になってよく考えてみましょう。

 

展示場とは家という夢を見せるための場所であり、

住宅メーカーのPRの場所でもあります。

 

モデルハウスは立派にできているのは当然なのです。

 

オシャレなモデルハウスの中はすべて、

一流のインテリアコーディネーターが選んだものです。

もちろん予算なんて気にする必要はありませんから、

 

とにかくセンスよく、

こだわったインテリアをそろえます。

家の周囲だって、ガーデニングのプロが丹念に

仕上げたものです。

 

いそがしい合間をぬってつくる奥様の

ガーデニングとは違います。

 

家をつくったとしても、

実際にはガーデニングはついてきません。

 

自分の手で一からつくりあげなければいけないのです。

しかも、標準仕様だけでつくられたモデルハウスは存在しません。

立派な設備も素敵な照明器具もすべてオプションです。

 

モデルハウスを見学すると、

すべてセットになっているものだと

思い込んでいる方もいるようですが、

モデルハウスの素敵な設備は一つひとつが

別料金なのです。

 

今日はここまで。

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、ご家族が幸せになるお手伝いをする」

私の使命です。