水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

現場見学会って!?

2021.7.19 (MON) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

家族の気持ちも高まってくると、

やはり何はともあれ実際の住宅を見てみたくなるものです。

そんなときは見学に行ってみましょう。

 

ところで、現場見学会をご存じですか?

どうも住宅の見学に行くといえば住宅展示場を思い浮かべる人が多いようです。

 

住宅展示場はその名の通り、住宅という商品を展示している会場であり、

見に行った人が実際に住む家ではありません。

 

建築途中の場合は柱や筋交いも見られますし、

何も隠すことができないため、その会社がどんな仕事をしているのか、

自分の目でしっかりと確かめることができます。

 

建築中の見学を構造見学会、完成物件の見学会を完成見学会といいます。

 

見学会に行くメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

 

*住宅会社の雰囲気

元気のある会社か、正直な会社か、会場には笑顔があるか、

笑い声は聞こえてくるか、自分の家づくりにふさわしい会社かなどなど……、

チエックックポイントはたくさんあります。

 

「あなたの会社の売りは何ですか?」と質問してみるのもよいでしょう。

実際に家を建てる棟梁や会社の担当者と話もできますので、

きちんと話ができる人か、親切な人か、信頼できる会社なのかどうか、

しっかりと見極めてください。

 

そもそも、自信をもって仕事をしている会社であれば、

見学会を頻繁に開いています。

会社の見極めに第一歩として、現場見学会があるかどうかは、

よい基準になります。

 

自分でつくる家をイメージしやすくなる

現場見学会で見学できる家はすべて、

一般の方が自らの住まいとしてつくりあげた家です。

 

住宅展示場のような華やかさはありませんが、

現実に建つ家をしっかりと見極めておくことで一層、

自分がつくる家をイメージできるようになります。

 

みなさんがつくる家は住宅展示場の豪華な家とは違うことを認識し、

きちんと地に足をつけた計画が立てられるよう、

実際の現場を見て大いに勉強しましょう。

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、ご家族が幸せになるお手伝いをする」

私の使命です。