水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

チョット一息! 「乗る? 乗らない? キャンペーン期間」

2021.9.11 (SAT) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

 

「キャンペーン価格!
 先着〇組様・今回限りの特別仕様」

 

 

こういった宣伝文句、折込チラシなど

よく見かけますよね。

 

 

住宅会社のキャンペーン合戦です。

 

 

時には採算がとれているのだろうか?

 

と思うほどの低価格を提示してきますが、

 

 

もちろん後からの

別途工事で追加料金を取ったりで

 

 

つじつまを合わせるため、

キャンペーン価格が可能なわけです。

 

 

そうでなければ会社が

倒産してしまいますよね。

 

 

キャンペーン自体は否定しませんが、

 

 

問題は、

 

 

キャンペーンだからといって

期日に合わせて無理に

契約をさせてしまう営業方法です。

 

 

実際、

キャンペーンによる

契約トラブルは後を絶ちません。

 

 

まだ図面さえできていないのに、

 

 

「キャンペーン中だから

今のうちに契約してしまいましょう。

終わってからでは何百万円と違ってしまいます」

 

 

といわれ、無理に契約に持ち込みます。

 

 

もちろん、

すでに希望通りの図面も出来上がり、

オプションなどの仕様も決まり

納得した状態であるならば、

 

 

キャンペーンもいい形で

背中を押してくれるきっかけとなります。

 

 

「ようやく決められたね、よかった~!」

 

と、家族ともども安堵のため息が出るでしょう。

 

 

しかし、実際に

図面もできていないうちからの契約が多く、

施主はそれが問題だとも気づかないままなのです。

 

 

中にはまだ建てる土地もないのに

契約だけしてしまった、

なんて人もいました。

 

 

そんなに急がなくても、

キャンペーンはまたやってきます。

 

 

図面も完成し、

打ち合わせもすべて終了したころには、

また新たなキャンペーンがあるでしょう。

 

 

なければ、

キャンペーンがくるまで

契約をしなければいいだけのことです。

 

 

どしてもキャンペーンに乗りたいならば、

最低限でも次に条件を

押さえてからにしましょう。

 

 

「間取りが決まっていること」

 

「オプション・追加工事を

含めた金額が提示されていること」

 

 

「標準仕様を確認すること」

 

 

これに対して業者がどう出るか、

相手をじっくり観察しながら話を進めましょう。

 

 

いつでも落ち着いた気持ちで

相手を観察すること。

 

 

決してキャンペーンに

踊らされてはいけません。

 

 

参考まで。

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

     ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。