水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

家づくりこぼれ話!

2021.11.24 (WED) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地とお金のプロ菅原です。

 

 

家を買うって!

 

家をつくろうと思っている人は、

マイホームを不安なく、

正しい方法で手に入れることができ、

 

 

後から後悔することもない、

と言い切る自信がおありでしょうか。

 

 

戸建て住宅を建てる、

 

分譲住宅を買う、

 

マンションを買う、

 

新築でも中古でも、

マイホームを持つということは

特別なことではないでしょうか。

 

 

学校を卒業して就職をし、結婚をする。

 

 

そして子供が生まれ、

住んでいる賃貸の住まいは

徐々に手狭になってくる。

 

 

そんなこんなのうちに

仕事が軌道に乗り出し、

 

 

昇給が進み

少しずつ家計にもゆとりが出てきたころ、

 

 

多くの人たちが

マイホームを持つことを

真剣に考え始めます。

 

 

当たり前かもしれませんが、

ほとんどの人にとってマイホームは

人生で一番高価な買い物です。

 

 

そして、

ほとんどの人が

そんな大きな買い物をしたことがありません。

 

 

マイホームは、

車や家電製品のように

何度か買い替えることもできません。

 

 

ほとんどの人は

初めてマイホームを買うことになります。

 

 

いわば

 

「マイホームの初心者です」

 

 

初心者が膨大な専門知識が必要な

「高価なもの」を買ったり、

建てたりすることになります。

 

 

簡単であるはずがありません。

 

 

多くの場合は住宅ローンを組んで

30年以上の時間をかけて返していきます。

 

 

どんなマイホームを手に入れるのか、

ということはこれから向こう数十年にわたる

家族の未来を決める大事な意思決定です。

 

 

そんなことに思いを巡らせるとき、

 

「さて、マイホームって

     どうやって手に入れたらよいのだろう?」

 

と誰しもが不安を感じているのです。

 

 

実に約9割の人が

マイホーム取得に不安を感じているのです、

 

 

実際、どれくらいの価格の、

 

どんな家を、誰から、どのように買うか、

また住宅ローンをどう組むか、

 

といったマイホームの取得の仕方によって、

家族の未来は大きく変わります。

 

 

たとえば、

ローンの組み方、返し方が違うだけで

住宅ローンの総支払額が

数百万円変わってくることもあります。

 

 

家計の資産形成に

大きな影響を与えますから、

 

 

ローンを支払い終えた後の

老後の暮らし方さえも変わってきます。

 

 

どれくらいの価格の、どんな家を、

誰から、どのように買うのが正解なのか。

 

 

こんな高価な買い物なのに、

正しい買い方を知らずに

マイホーム購入を

進めてしまってよいのでしょうか。

 

 

そして購入した人の実に

7割近い人たちが、

後悔しているといいます。

 

 

本日はこれまでです

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

         ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。