ひたちなか市でZEHに興味のある方は家づくりナイスホームズへ
家づくりと子育て事情(斎藤 亮)

どうなってるんだ?

2015.10.6 (TUE) 
カテゴリ:家づくりと子育て事情(斎藤 亮)
Pocket

こんにちは!

 

最近、首を斬られたコガモの死骸だったり、

 

耳を斬られたウサギだったり、、

 

両前足を斬られた猫だったり、

 

動物虐待後の死骸が発見されるニュースが多いですね。

 

きっと、痛みのわからない人種なんでしょう。

 

ゲームやバーチャルの世界が身近になっている昨今、

 

他人や親との関わりが極端に少なくなり、

 

簡単に人を殺せるゲームや映像が身近にある中で、

 

「実際にやってみたらどうなるんだろう」・・・と。

 

そこにストップをかけるのが理性や経験だったりするんだと思います。

 

子供を叩くことが出来ない親、

 

叩かれたことがない親、

 

体罰だとすぐに騒ぎたてるバカ親。

 

自分の子供もろくに教育できていないのに、

 

「子供を絶対叩いちゃダメ!説明すれば必ず理解できる」

 

なんてTVでコメントする教育評論家までいる始末。

 

観てるだけでムカつくわ~。

 

体罰を肯定しているわけではないですが、

 

誰もが平等の立場で、ケガさせることなく、

 

指導することが必要なのではないでしょうか?

 

柔道や剣道といった武道が、体育の授業に取り入れられているのは

 

やっぱり意味があるんだと思います。

 

結局のところ、何だかんだ言っても、

 

親の子育ての中で、

 

命の尊さだったり、肉体的・精神的痛みを

 

全力で教え込まなきゃダメだということですね。