水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

建てるのは誰? 施工業者とよく話そう!

2021.8.30 (MON) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

 

いかがでしょうか。

各施工業者の違いが

お分かりになったでしょうか。

 

 

理解できたところで、

実際に施工業者とコンタクトを取り、

 

 

自分にとって良い業者かどうか、

考えて振り分けていきましょう。

 

 

よい業者とは、

 

規模が大きい

実績が多い

 

といったことではありません。

 

 

逆に、

規模が大きければ大きいほど、

会社運営の経費が建築費に

上乗せになっていると

考えてもよいでしょう。

 

 

価格が高いほうが安心できる

 

 

と考えている人も多いようですし、

 

 

確かにものによっては

そういうこともあるでしょうが、

 

 

建築業界に関しては

それはありません。

 

 

価格が安くても、

満足できる家は建ちます。

 

 

そのためには、

会社自体は小さくても、

技術や人柄で信頼置ける

会社を選ぶのが一番です。

 

 

では、

どうすれば本当に良い会社かどうかを

見極めることができるのでしょうか?

 

 

それは、

 

とことん話をすることです。

 

 

ハウスメーカーであれば営業マン、

 

 

地元の工務店であれば社長と棟梁、

 

 

建築家であれば建築家本人です。

 

 

ただし、

ハウスメーカーの営業マンの場合、

 

 

どんなにその人を

気に入ったからといっても、

 

 

実際に家を建てるのは

営業マンではありません。

 

 

営業マンは

あなたと契約を結ぶのが仕事ですから、

 

 

契約を結ぶために

しょっちゅうやってきます。

 

 

人間というものは不思議に

会えば会うほど情がわくものですから、

 

 

回数を重ねるうちに

 

自然と相手を信用してしまうものです

 

 

しかし、いざ契約を結んでしまえば、

 

 

大手ハウスメーカーの場合

営業マンの転勤などもあり、

担当が次々と変わることも

珍しくありません。

 

 

引継ぎがキチンと

されていればよいのですが、

 

 

引継ぎが完全に

されていないこともあります。

 

 

大手ハウスメーカーの場合は

営業マンを気に入ったから、

というのではなく、

 

 

どうしてもそのメーカーで

家を建てたいという人におすすめです。

 

 

本日はここまで。

 

 

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、

    ご家族が幸せになるお手伝いをする」

 

私の使命です。