水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

家づくりのこだわり!

2021.7.14 (WED) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは 建物と土地のプロ菅原です。

 

まずは家族の希望を聞いていき、

家づくりノートに書き留めておきましょう。

それを形にできるかできないかは、

後で設計士に相談すればいいことですよ。

と、いうことでしたね。

 

つくるこだわり、つくらないこだわり

を考えてみましょう。

 

雑誌とかテレビなどの特集で目にするのが、

「こだわりの○○」。その内容といえば、

 

家はもちろん、インテリア、雑貨、食品、果てはペットまで、

こだわりは人によって多種多様です。

日本人ってこんなに“こだわり”に興味があったんですね。

 

ちなみに、「こだわる」を辞書で引くと、

  • ちょっとしたことを必要以上に気にする。

気持ちがとらわれる。拘泥(こうでい)する。

  • つかえたりひっかかったりする。
  • 難癖をつける。けちをつける。

 

と、雑誌やテレビの特集で使われているニュアンス

とは反対に、あまり良い意味を持たないことに驚かされます。

 

「あら。でも“こだわりの家特集”は素敵な家ばかりよ。

せっかくだから絶対あんな家がいいわ!」

 

と、目を輝かせいる人も多いことでしょう。

 

そこで、「こだわる」の意味をもう一度読み直してみてください。

 

*気持ちがとらわれる。拘泥する

 

……こだわりの家をつくることにこだわっている、

そんな感じもしませんか?

 

なにもこだわることが悪いことだと

言っているわけではありません。

 

自分たち家族には絶対必要なことであれば、

とことんこだわりましょう。

 

例えば、「みんな楽器を演奏できるから、

狭くてもいいから防音の部屋が欲しいわ」

 

「うちは家族そろって大の猫好き。

キャットウォークとサンルームは必要よ」

などなど。

これらはすべてご家庭それぞれの個性です。

つくるのは自分たちの家ですから、

できるだけ希望はかなえたいところです。

 

ただ、何事かにこだわるということは、

それだけ特別なものをつくらなければならない、

つまり、

それだけ費用もかかるということも

あたまに入れておいてくださいね。

 

本日はここまで。

 

では、では。

 

「家づくりを通じて、ご家族が幸せになるお手伝いをする」

私の使命です。