水戸市でリフォームを依頼するなら家づくりナイスホームズ
あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)

忘れてはダメです

2008.4.19 (SAT) 
カテゴリ:あんしん家族の家づくり(菅原 和彦)
Pocket

こんにちは

寒い さむ~い
変な天気ですね。

  天気にめげずにがんばりましょう。

さてさて、みなさん わすれていませんよね

耐震偽装のこと

先月 3月25日に
 あの「ヒューザー」の元社長、小嶋 進被告。

建物の強度不足と知りながらマンションを引き渡し、その代金を騙し取ったとして、
詐欺罪に問われていましたね。

その判決公判が東京地裁にて開かれました。

小嶋被告はあくまで「無罪」を主張していましたが

懲役3年・執行猶予5年が言い渡されました。
求刑は5年のみでしたので、執行猶予が付いたことになります。

その判決理由を裁判長は、

「被害者に危険性を告げて、代金請求を撤回する義務があったにもかかわらず安易な気持ちで代金を騙し取ることを容認した」と断定。

その上で、

「マンション購入という一生に一度の買い物をする被害者の心情を軽視した悪質な犯行」
 と説明しました。

姉歯・元一級建築士は今年2月に懲役5年・罰金180万円で刑が確定しています。
藤田・イーホームズ元社長も懲役1年6ヶ月・執行猶予3年ですでに刑が確定しています。

小嶋被告の実刑が確定するのも時間の問題ですね。

しかし、真の被害者であるヒューザーマンションの住民は今もなお「仮ずまい」「Wローン返済」と苦悩が続いています。

精神的そして経済的な負担は終わりのないトンネルから抜け出せそうにありません。

被害者の苦しみを共有する意味でも、あの「偽装事件」から「教訓」を学び取らなければならないでしょう。

これくらいので本当にいいのでしょうか?

みなさんももっと怒りましょうよ。
                       では、では。